いじめ後遺症の自助グループ のばらの会

いじめ後遺症の自助グループ のばらの会

のばらの会は、大人になってもいじめトラウマ(いじめ後遺症)で苦しんでいる当事者に特化した自助グループです。いじめ体験をシェアし(分かち合い)、同じようにいじめトラウマで苦しんでいる仲間とつながるための機会を提供していけたらとおもいます。東京・新宿区の施設をメイン会場として活動しています。

同情も必要だ!

以前、このブログでわたしの演劇の師匠の話をしたのですが、他にも印象深くおもったことを思い出したので、この場でシェアしたいとおもいます。

テーマは「同情」についてです。

この記事の続きを読む

心の傷の効用

心の傷(いじめ体験)の効用は?というテーマで書きたいとおもいます。

 

いじめとは、自己を否定されるつらい体験です。しかし、そこからいろいろなことをわたしたち(いじめサバイバー)は学んできたのではないでしょうか?

この記事の続きを読む

のばらの会のメリット・デメリット

自助グループには、ファシリテーターの役割をする人がいます。のばらの会では、しもむらじゅんいちが基本的にはファシリテーターをつとめます。

 

自助グループのファシリテーターというのは、もちろん治療者ではなく、当事者のひとりであり、また必ずしも特定の人に固定したものではありません。

この記事の続きを読む