のばらの会としては初めてのオンラインミーティングが2020年5月22日に開催されました。

参加者8名。特に大きなトラブルもなく終えることができて、世話人としてはほっとしているところです。

 

今回の経験を糧に、今後もオンラインミーティングの企画をしていきたいと思います。

東京・新宿という地域に限定しないで、全国のいじめサバイバーが繋がれる場をつくっていけたらと思います。

 

シェアミーティングは、一人では、成立しないものです。一人一人の参加者が、会場(今回はオンライン)に出てきて、自分の思いを語ること、そして相手の話を静かに聴くこと、この二つがあって初めて成立します。聴いてくれる人がいなければ、それはただの独り言、あるいは自分の心の中だけの思いで終わってしまいます。聴いてもらうことで、話されたことは確かに伝達され他者に分かち持たれるのです。

 

言いっぱなし・聴きっぱなしであることは何も参加者同士が関係しないように見えますが、それによって安全な場が確保されます。

 

参加することが自分をたすけ、仲間(参加者)をたすけることになる、そういう場なのだということを改めて確認できた、そんなミーティングでした。

タグ