カテゴリー:コラム
  • 2018/02/13

    コラム

    以前、このブログでわたしの演劇の師匠の話をしたのですが、他にも印象深くおもったことを思い出したので、この場でシェアしたいとおもいます。テーマは「同情」についてで ...

  • 2018/02/13

    コラム

    心の傷(いじめ体験)の効用は?というテーマで書きたいとおもいます。いじめとは、自己を否定されるつらい体験です。しかし、そこからいろいろなことをわたしたち(いじめ ...

こんにちは、しもむらじゅんいちです。

7月4日のミーティングの中から少し振り返りたいとおもいます。なんだか、仲間の話をきいていて、じゃあ一体どうしたらいいの?と思ってしまいました。

 

いじめって簡素化していえば、ある集団があって、その中で、誰かが、一人もしくは複数の人からいやがらせを受ける、ということだと思うのですが、でもそこには、なんらかの自由があるとおもうんですね。

この記事の続きを読む

カテゴリー
タグ

さて、かれこれ、もう20年近く前のことですが、いまでも印象に残っている言葉があります。

 

わたしが21歳の時のこと、当時わたしは、毎週日曜日の役者養成所、通称「日曜塾」にかよって、お芝居の勉強をしておりました。まだ入って、2、3カ月でした。稽古が終わって、師匠と弟子たちとで、飲みに行きました。それは毎度のことで、今でいう飲み二ケーションと言うところでしょうか。

この記事の続きを読む

カテゴリー
タグ

心の傷(いじめ体験)の効用は?というテーマで書きたいとおもいます。

 

いじめとは、自己を否定されるつらい体験です。しかし、そこからいろいろなことをわたしたち(いじめサバイバー)は学んできたのではないでしょうか?

この記事の続きを読む

カテゴリー
タグ