わたしの願い‐人の尊重といじめ

人を尊重するとはどういうことでしょうか?

 

わたしは中三の一年間同学年の「彼」に次のように言われていました。

 

バカは笑うな、勉強しろ

バカは遊ぶな、勉強しろ

 

いじめに限らず、多くの人は他人から尊重されなかった経験をもっていて、少なからず傷をもっているように思います。

 

今回は、人を尊重することについて、最近考えていたことを書きます。

この記事の続きを読む

カテゴリー
タグ

現実は何でもありだ!(自己肯定を可能にするもの)

  • コラム

現実は何でもありだ!

 

と聞いてみなさん、ぴんとくるでしょうか?結構、過激な文ではないかとおもいます。

わたしがこういうことが腑に落ちたのは、10年ほどくらい前のことですが、それ以来、わたしにとっては、自己肯定ということを考えるとき、大切な教訓というか、現実理解となっておりました。

 
 

しかし、最近になって、いろいろ揺らいでいます(-_-;)。

グラグラグラ~

この記事の続きを読む

カテゴリー
タグ

鴻上尚史さんの「いじめメッセージ」についておもうこと

今回は、鴻上尚史さんの「いじめられている君へ」というメッセージ文について一いじめサバイバーの立場から思ったことを書いてみたいとおもいます。

 

もしいまいじめられている小学生中学生にこのメッセージが届いたら、この言葉で救われる人もいるとおもいます。ただ、救いにならない人もいるとおもうのです。

救いになる人はそれでいいので、わたしは、救いにならない人が、どうしてならないのか、ということについて書いてみたいのです。

この記事の続きを読む

カテゴリー
タグ